愛犬がかかりやすい病気|感染症を防ぐためのワクチン接種

室内犬

最近人気の小さい犬

ドッグ

小さい犬は人気があります。その姿はとても可愛らしく、室内でも飼うことが出来るからです。ティーカッププードルが注目を集めています。その小ささは本当にティーカップ程度しかありません。

この記事を読む

毎日の体調管理が大事

動物病院

日本のペットショップでは人気のペットといえば犬でしょう。現在の犬は室内で飼うために品種改良をされています。大きさも室内に合わせた大きさになっています。そのため、大きくなることはない犬種も多くいます。日本の家庭において犬は、家族と同じように扱われています。旅行にも一緒に行く犬もいます。いつまでも元気よく、走り回ってもらうためにも、健康でいて欲しいと考える人は多いでしょう。そのため、犬がかかりやすい病気を事前に知っておく必要があるでしょう。
人間には感染症があります。わかりやすいもので言えばインフルエンザです。毎年冬になると猛威を振るっています。ウイルスに感染しないように予防接種を受ける人も多いでしょう。犬の病気にも感染症はあります。感染症になることで、家族の一員の愛犬の命が奪われてしまうこともあります。主な感染症は、ジステンバー、バルボウイルス感染症、レプトスピラ感染症、犬コロナウイルス感染症などがあります。これらの感染症はワクチンを摂取することで予防出来る病気です。ワクチンの接種時期は毎年一回接種することが理想です。しかし、中には組み合わせることが出来ないワクチンもあります。ワクチンを接種する時は、担当の獣医さんをよく相談を行いましょう。また、法定義務のある狂犬病のワクチンもしっかりと接種しましょう。
犬はしゃべることが出来ません。犬の病気は飼い主が毎日、よく観察してあげて、日頃からの体調管理をしっかりとおこないましょう。

可愛らしい外見の室内犬

犬

日本ではヨークシャテリアが人気です。室内で飼うこともできて、小さいお子さんの遊び相手にもなります。名前のテリアはラテン語で「土を掘る」という意味です。昔キツネの巣穴を掘る様子からきています。

この記事を読む

忠誠心が強く勇猛果敢

犬

日本だけでなく世界中で犬は愛されています。ミニチュアピンシャーは日本でも有名な犬です。飼っている家庭も多いでしょう。ココではミニチュアピンシャーの性格や特徴を紹介します。参考にしてください。

この記事を読む